カテゴリー
未分類

分かりそうで分からない?!消泡剤について説明します!

消泡剤の仕組みについて

消泡剤とは、液体に出来る泡を消したり、出来にくくするための添加物のことです。液体に泡が含まれていると、必要な処理が上手く行かなかったり、手間がかかったりといったことがあります。そんな時に活躍してくれるのが消泡剤です。消泡剤を使わなくても、対処出来る場合もありますが、泡が発生している原因や液体の種類により対処法は変わり、時間や手間がかかってしまいます。けれど、消泡剤を使えば、そういった工程や手間を省くことが出来ます。消泡剤は、多くのものに利用出来ますし、使い方も泡が出来ている液体に少量を添加するだけなので、とても簡単ですよ。

消泡剤の用途について

消泡剤は食品から化粧品、医薬品にいたるまで、多くのものに利用されています。あまり意識することはないかもしれませんが、豆腐の製造過程や胃腸のガスを除去するための医薬品、大半の化粧品に活用されているので、意外と身近な存在と言えるかもしれません。また、金属の表面処理法の1つであるリン酸処理の過程で活用されることも多いです。消泡剤には、既に出来ている泡を消す破泡性の機能と、これから出来る泡の発生を抑える抑泡性の機能の2つがあり、両方の機能を持ち合わせているものから、どちらか一方の機能が優れているものまで、色々なタイプのものがあります。また、油性や水性といった液体の性質に合わせて効果が発揮しやすくなるよう様々な種類のものが用意されており、用途に合わせて選ぶことが出来るところも、消泡剤の特徴です。

泡を消すために使われる消泡剤の成分は、シリコーンやアルコール、脂肪酸誘導体など様々です。食品などを加工する際に用いられます。

カテゴリー
未分類

CADとは何か?その種類とメリットを紹介します!

CADとはどういうものか?

製品を作るときには必ず設計図が必要になります。昔は設計者が手書きで作成していたのですが、現在はCADを使って作成するのが一般的になっています。このCADというのは、Computer Aided Design の略称であり、直訳では「コンピューターで設計のサポートをすること」です。つまり、コンピューターを使って設計図を作成するツールのようなものです。製品の多様化にともなってCADを導入する企業がどんどん増加しています。その種類としてはいろいろとありますが、代表的なものは二次元CADと三次元CADです。二次元CADとは線と図形を用いて平面図を作成するのに用いられます。CADの中で最も簡単な種類に分類されています。三次元CADとは立体の図面を作るのに用いられるものです。さまざまなメーカーで導入されているのはこのタイプです。

CADを導入するメリットとは?

CADを導入する企業が増加していますが、そのメリットとは何なのでしょうか。1つは作業効率のUPです。昔のように設計者が手書きで図面を作成するよりも時間が大幅に短縮されます。また、寸法や図形を間違えたとしても簡単に削除、修正することができます。完成した図面の寸法の比率も整合性が取れていて、実際に製造された完成品と寸分たがわないです。このように時間短縮できるのが大きなメリットです。もう1つのメリットとしては、設計図をコンピューター上で管理することができることが挙げられます。CADを使わない場合にはいちいち図面をコピーしてファイルで管理するのが一般的でしたが、探しにくいし収納スペースを確保しなければいけませんでした。CADならそうしたわずらわしいことが一切なくなります。

CADとはコンピュータを用いて設計を行う設計支援ツールです。水道CADは主に配管の設計に用いられ、簡単に使用できるため、誰でも効率的にきれいな設計をすることができます。

カテゴリー
未分類

CADって何?導入するとどのような良いことがあるの?

CADの概要とどのような時に使うのか

街を歩いていると、CADスクールという名称を目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。CADというのは、Computer aided designの略称でコンピューター支援設計のことを言います。文字通り、コンピューターで設計をするためのツールのことです。すなわち、上述のCADスクールというのはコンピューターによる設計をするためのツールの使い方を学ぶ学校なのです。一口にCADと言っても、その種類は様々にあります。例えば2次元CADや3DCAD、専用CADや汎用CADなどです。最近では3DCADにより立体的に製図できるようになり、多くの現場で使用されています。

具体的にどのような時に使用するのかというと、図面の作成やデザイン、3Dプリンターで使うデータの作成などです。デザインに関しては、3DCADを使うことでよりイメージしやすくなったとも言われています。

CAD導入によるメリット

CAD導入のメリットはいくつかあります。まずは作業の効率化が挙げられます。上述の通りコンピューターによって設計をするため、手作業で製図をする場合に比べて作成にかかる時間を短縮することができます。手作業の場合はミスをすると消しゴムなどで修正しなければならず、場合によっては汚れて見にくくなってしまうかもしれません。しかし、CADであれば綺麗に消すことができますし、修正をしながら作業を続けられるのです。また、データで図面を管理できるため棚など管理のためのスペースが必要ありませんし、離れていてもそのデータにアクセスすることでいつでもどこでも情報を共有できるというメリットもあります。

電気CADのソフトは有料と無料の2種類に分類されます。無料はコストが抑えられる、有料は機能が充実しているといったようにそれぞれ特徴が異なるため、用途に合わせて最適な選択をすることが大切です。