取り方で難易度が違う?自動車免許の取得方法で異なるメリットとデメリット

通学を利用するメリットとデメリット

いくつかある自動車免許の取得方法の中でも利用する人も多いのが通学です。通学とは文字通り自宅から自動車教習所に通いながら取得を目指す方法になります。通学はその都度教習の予約を取る形となるため、自分のスケジュールで利用しやすいのが魅力です。仕事や学校で日中の時間は通えない人でも夕方以降に予約を取るようにすれば無理なく続けることができます。ただし、週末や学生の夏休みなどの時期は利用者が集中するので自分が希望する時間帯で取れないことも珍しくありません。そのため、合宿免許に比べて取得までに時間が掛かってしまうというデメリットもあります。

合宿のメリットと注意点

免許の取得方法は通学以外にも合宿という選択肢が用意されています。合宿は教習所が管理する宿泊施設で生活をしながら取得を目指す取得方法です。学校の授業と同じように予め決められたスケジュールに従って教習を受ける形となるので通学のように予約が取れないなどの問題が起こりません。仮免許の試験も含めて滞りなく教習を勧められれば2週間弱の短い期間で終えることができます。仕事に運転免許が必要など取得に時間を掛けられない人にとって大きなメリットです。そのほか、トータルの費用が通学より安くなりやすいのも合宿の魅力と言えます。ただし、スケジュールや宿泊場所が決められていることで入学から卒業まで生活が拘束されるという点には注意が必要です。仕事や学校に行くことができないので予め休職、休学の許可を取っておかなくてはいけません。

留学生に向けて合宿免許の利用をアピールしている教習所は多く見られます。理由としては、短期間で取得できることから母国に帰国するタイミングとのスケジュールの調整をしやすいためです。

入金不要ボーナス