カテゴリー
未分類

分かりそうで分からない?!消泡剤について説明します!

消泡剤の仕組みについて

消泡剤とは、液体に出来る泡を消したり、出来にくくするための添加物のことです。液体に泡が含まれていると、必要な処理が上手く行かなかったり、手間がかかったりといったことがあります。そんな時に活躍してくれるのが消泡剤です。消泡剤を使わなくても、対処出来る場合もありますが、泡が発生している原因や液体の種類により対処法は変わり、時間や手間がかかってしまいます。けれど、消泡剤を使えば、そういった工程や手間を省くことが出来ます。消泡剤は、多くのものに利用出来ますし、使い方も泡が出来ている液体に少量を添加するだけなので、とても簡単ですよ。

消泡剤の用途について

消泡剤は食品から化粧品、医薬品にいたるまで、多くのものに利用されています。あまり意識することはないかもしれませんが、豆腐の製造過程や胃腸のガスを除去するための医薬品、大半の化粧品に活用されているので、意外と身近な存在と言えるかもしれません。また、金属の表面処理法の1つであるリン酸処理の過程で活用されることも多いです。消泡剤には、既に出来ている泡を消す破泡性の機能と、これから出来る泡の発生を抑える抑泡性の機能の2つがあり、両方の機能を持ち合わせているものから、どちらか一方の機能が優れているものまで、色々なタイプのものがあります。また、油性や水性といった液体の性質に合わせて効果が発揮しやすくなるよう様々な種類のものが用意されており、用途に合わせて選ぶことが出来るところも、消泡剤の特徴です。

泡を消すために使われる消泡剤の成分は、シリコーンやアルコール、脂肪酸誘導体など様々です。食品などを加工する際に用いられます。