CADとは何か?その種類とメリットを紹介します!


CADとはどういうものか?

製品を作るときには必ず設計図が必要になります。昔は設計者が手書きで作成していたのですが、現在はCADを使って作成するのが一般的になっています。このCADというのは、Computer Aided Design の略称であり、直訳では「コンピューターで設計のサポートをすること」です。つまり、コンピューターを使って設計図を作成するツールのようなものです。製品の多様化にともなってCADを導入する企業がどんどん増加しています。その種類としてはいろいろとありますが、代表的なものは二次元CADと三次元CADです。二次元CADとは線と図形を用いて平面図を作成するのに用いられます。CADの中で最も簡単な種類に分類されています。三次元CADとは立体の図面を作るのに用いられるものです。さまざまなメーカーで導入されているのはこのタイプです。

CADを導入するメリットとは?

CADを導入する企業が増加していますが、そのメリットとは何なのでしょうか。1つは作業効率のUPです。昔のように設計者が手書きで図面を作成するよりも時間が大幅に短縮されます。また、寸法や図形を間違えたとしても簡単に削除、修正することができます。完成した図面の寸法の比率も整合性が取れていて、実際に製造された完成品と寸分たがわないです。このように時間短縮できるのが大きなメリットです。もう1つのメリットとしては、設計図をコンピューター上で管理することができることが挙げられます。CADを使わない場合にはいちいち図面をコピーしてファイルで管理するのが一般的でしたが、探しにくいし収納スペースを確保しなければいけませんでした。CADならそうしたわずらわしいことが一切なくなります。

CADとはコンピュータを用いて設計を行う設計支援ツールです。水道CADは主に配管の設計に用いられ、簡単に使用できるため、誰でも効率的にきれいな設計をすることができます。