CADって何?導入するとどのような良いことがあるの?


CADの概要とどのような時に使うのか

街を歩いていると、CADスクールという名称を目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。CADというのは、Computer aided designの略称でコンピューター支援設計のことを言います。文字通り、コンピューターで設計をするためのツールのことです。すなわち、上述のCADスクールというのはコンピューターによる設計をするためのツールの使い方を学ぶ学校なのです。一口にCADと言っても、その種類は様々にあります。例えば2次元CADや3DCAD、専用CADや汎用CADなどです。最近では3DCADにより立体的に製図できるようになり、多くの現場で使用されています。

具体的にどのような時に使用するのかというと、図面の作成やデザイン、3Dプリンターで使うデータの作成などです。デザインに関しては、3DCADを使うことでよりイメージしやすくなったとも言われています。

CAD導入によるメリット

CAD導入のメリットはいくつかあります。まずは作業の効率化が挙げられます。上述の通りコンピューターによって設計をするため、手作業で製図をする場合に比べて作成にかかる時間を短縮することができます。手作業の場合はミスをすると消しゴムなどで修正しなければならず、場合によっては汚れて見にくくなってしまうかもしれません。しかし、CADであれば綺麗に消すことができますし、修正をしながら作業を続けられるのです。また、データで図面を管理できるため棚など管理のためのスペースが必要ありませんし、離れていてもそのデータにアクセスすることでいつでもどこでも情報を共有できるというメリットもあります。

電気CADのソフトは有料と無料の2種類に分類されます。無料はコストが抑えられる、有料は機能が充実しているといったようにそれぞれ特徴が異なるため、用途に合わせて最適な選択をすることが大切です。